Q&A

外壁塗装のQ&A

外壁塗装は必要だとわかっていても、知らないことが多くてなかなか塗り替えに踏み切ることができない、という人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、よく質問される疑問点をQ&A方式でわかりやすくまとめてご紹介いたします。

Q1

外壁は塗り直さなければいけませんか?

A1

外壁は、雨や風、湿気や汚れなどから家を守ってくれる大切な部分です。毎日少しずつ劣化が進んでいます。外壁塗装の耐久性がなくなると、壁にひびが入ったり、柱を腐らせるなどの大きなトラブルに発展してしまいます。家自体にダメージが起こると修繕などにより大変な費用が発生する場合も。10年ほどのタイミングで、塗り替えを行うことをおすすめします。

Q2

作業の流れを教えてください。

A2

まずは作業をする足場を組みます。次に外壁や屋根などを洗浄し、窓やドアなどの塗料を塗らない部分が汚れないようにビニールで養生をします。ひびやはがれを補修し、下地を調整。下塗り、中塗り、上塗りをして丁寧に仕上げていきます。最後に雨どいや雨戸などの細かい部分に塗料を塗って完了です。

Q3

塗料の耐用年数はどのくらいですか?

A3

ウレタン塗料は7年~10年、現在主流のシリコン系塗料で10年~15年、フッ素塗料で15年~20年といわれています。

Q4

見積もりに書かれている「縁切り」とはどんな作業ですか?

A4

一枚一枚板を屋根に貼り合わせて造られた「コロニアル屋根」や「カラーベスト屋根」の場合、塗料を塗った際に雨水を逃がす隙間がふさがってしまうため、「縁切り」という作業で、この隙間を開けなくてはなりません。この「縁切り」を行わないと屋根を腐敗させてしまうため、とても重要な作業となります。

Q5

外壁と一緒に屋根の塗装もしたほうがよいのでしょうか?

A5

外壁に塗り替えの時期がきていれば、同様に屋根もメンテナンスの時期に入っています。普段の生活では目に付きにくい屋根ですが、外壁の塗装と合わせて塗り替えを検討されることをおすすめします。

Q6

外壁を触ると手に白い粉のようなものが付きます。これは何ですか?

A6

それは「チョーキング」と呼ばれる現象で、外壁の劣化が始まってきているサインです。放っておくとひびなどに発展する恐れもありますので、お早めに外壁の塗り直しをご検討ください。

Q7

対応エリアを教えてください。

A7

神奈川県・東京都(横浜市、川崎市、鎌倉市、逗子市、町田市、大田、世田谷、品川、目黒、渋谷、港各区)が弊社の対応エリアとなります。

Q8

シャッターや雨戸も塗り直しが必要ですか?

A8

色あせやはがれなどが気にならないようでしたら今すぐ塗り替える必要はありませんが、外壁塗装をする際にはシャッターや雨戸を一緒に塗り替えることで足場代の節約になります。覚えておきましょう。

Q9

壁にひびを見つけました、どうしたらいいでしょうか?

A9

ひびにも度合いがあり、すぐに補修の必要のないものから、早急に補修が必要なものまであります。そのひびがどのくらいひどいものかはプロの目で見る必要がありますので、現地調査員に度合いをお尋ねください。

Q10

夏の暑さを塗料で改善できると聞いたのですが、具体的にどんな塗料なのですか?

A10

断熱、遮熱塗料という種類で、家の温度を3~5度ほど下げる効果があるといわれています。熱を遮ることができる塗料で、耐用年数も約15年と長く、近年注目されている塗料です。

89年の歴史が「誠実さ」を証明 松下工業所へのお問い合わせはこちらから