塗料メーカーと塗料の種類

一般的な塗料について

外壁や屋根の塗装では塗料を使用します。塗料の種類によって特性も単価も耐用年数も違うため、例えば、単価を抑えることを重視するのか、汚れの付きにくさを重視するのか、できるだけ長持ちさせて再塗装の回数を抑えることを重視するのか、目的に合わせて塗料選びをすることが大切です。

一般的な塗料として、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素があります。アクリル塗料は単価が低く、耐用年数は5年ほどです。ウレタン塗料の単価はアクリルより若干高く、耐用年数は7~10年です。シリコン塗料は現在一番使われている塗料で、単価はウレタンより若干高く、耐用年数は10~15年です。フッ素塗料は耐用年数が15~20年と長いのが特長で、単価はアクリル塗料の倍程度です。ぜひ参考になさってください。

PICK UP 下地処理にこだわっています
当社は仕上がりの良さを重視し、塗装の下地処理にこだわっています。単に塗るのではなく、塗装に適した下地づくりを行ってこそ、きれいな仕上がりを実現できると考えています。

下地づくりのキホンは汚れの除去
塗り替えのタイミングを迎えた外壁には長年の風雨やホコリ、カビなどの汚れが蓄積しています。この汚れをしっかり落とすことが、下地処理の大きな目的です。高圧洗浄機を使って100~150㎏/cm2の強い圧力で噴射される水で汚れを吹き飛ばし、水洗いすることで塗料が壁に付着しやすくなります。お化粧でいうと、メイクのノリを良くするための作業です。
ひび割れはしっかりカバー
汚れを落とすのと同時にチェックすべきなのが、ひび割れ(クラック)の有無です。10年くらい経つと経年劣化によりひび割れができるのですが、そこを修復しないと浮き上がってデコボコの状態になってしまいます。当然、その上から塗装しても仕上がりが汚くなってしまいます。当社では、汚れの除去とともに、ひび割れまでしっかり埋めて仕上がりを追求いたしますので、安心してお任せください。
サイディング壁にはシーリング処理
外壁がサイディングの場合には、目地と窓の周りにシーリング処理を行います。外壁の目地のシーリング材は傷みやすいため、弾力性をチェックして、弾力性が残っている場合にはその上から「増し打ち」、弾力性が残っていない場合には「打ち替え」といって新しいシーリング材に打ち替えます。
アクリル樹脂塗料 ウレタン樹脂塗料 シリコン樹脂塗料 フッ素系樹脂塗料
価格 低い <----------------------------------> 高い
耐久年数 5年 7年 10年 15年
防水性
伸縮性
美観
防カビ性
メリット 安価で比較的手軽。コストパフォーマンスに長けています。 価格と耐久性のバランスがよい塗料です。 汚れにくく、耐久性に優れている。光沢があり美観性も優れている。 効果ではあるが、耐久性と美観性はほか塗料より優れている

松下工業所のおすすめ塗料

当社では、さまざまな機能、特長を備えた塗料を扱っています。お住まいに関するお悩みや、お住まいを維持していくうえでのご計画やご希望に応じて、最適な塗料をご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

プロテクトクリアー

建物の外観を、施工時に近い風合いのまま長期間清潔に美しく保ちたい場合におすすめなのが「プロテクトクリアー」です。セラミック系樹脂の緻密で強力に結合した分子構造が、ひび割れや雨じみから外壁を守ります。また、紫外線吸収剤の働きが、外壁塗装の色落ちや色あせを防ぎます。さらに、かびや藻の発生を長期間抑制する働きもあります。

光触媒

汚れの付きにくさや環境への優しさを重視したい場合におすすめなのが「光触媒」です。太陽の光で外壁に付着した汚れを分解、付着力を弱め、雨水が汚れを浮かせて洗い流します。また、空気を浄化する働きもあり、環境にもやさしい塗料です。さらに、耐用年数も長く、維持費が削減できるというメリットもあります。

ガイナ

夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたい方におすすめなのが、日本の気候風土に必要な機能を追求した「ガイナ」です。断熱性の高い特殊セラミックを塗料化したガイナは、断熱・遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など15に及ぶ機能を備えた機能性環境改善塗料です。断熱材が不十分なために夏は暑く、冬は寒いというお悩みがある方にもおすすめです。

【取り扱いメーカー】

日本ペイント、関西ペイント、日進産業、トウペ、TOTOオキツモ、エスケー化研、水谷ペイント、ロックペイント、ダイフレックス、日本特殊塗装など

89年の歴史が「誠実さ」を証明 松下工業所へのお問い合わせはこちらから